無線LANの新規格 Wi-Fi6(11ax)についてのはるかさんのやさしい解説(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ LANとは、すなわち Local Area Network の略ですよねえ。光の引き込みをしても、LANの部分(宅内部分)のネットワークが古かったり遅かったりすると、せっかくの光回線が台無しですよねえ。そんなお話です。

見るだけで簡単。はるかさん、どこの通信会社のOGで、一体何者? という、将来が空恐ろしい感じもしてきますが、とても初心者向けでやさしい解説です。わたくしのようなオジンが解説するよりも……ゲフンゲフン。

で、まあ、動画の概要欄ではるかさんも仰っていますが、必ずしもカテゴリ7のケーブルを使わなくちゃいけないことはないのです。ただし、良いケーブル(シールドがしっかりしているケーブル)を使っていた方が、副次高調波(ノイズ)が、よそのデータ線に乗っからず、内部の信号線同士がクロストークしにくいとか、そういうメリットはあるのですが、別に低いカテゴリのLANケーブルを使っても、それなりの性能は出ます。ただ、外部/内部のノイズが信号線に乗りにくい/乗りやすいという差異はあります。メタルの電話線をイメージしていただけると結構なんですが、仮に、よその会話が漏れ聞こえてきたら、何かといやらしいですよね。そういったクロストークをなくし、できるだけ相互の混信をなくそう、というのが、高いカテゴリのLANケーブル、というわけです。

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)