「オレ、そういうの苦手やねん」という方に、「日商キータッチ2000」(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ オジンです。「田所よ、オレ、そういうの苦手やねん」とお嘆きの貴兄に、お勧めの資格があります。ほぼほぼ全国の商工会議所で取れる「日商キータッチ2000」というものです。

これは何かというと、10分間に、ローマ字入力ができるスピードを、アプリで測定して、パソコンのキーの速さを証明する資格です。10分間に2000文字、正しく叩けたら超合格。確か、僕が1995年当時(まだ、PC98、フロッピーディスクという時代に)1300文字記録して以来、このCD-ROM版は買ってないですからね。昔とは微妙に違うと思います。ワープロがサクサク打てて、非常に便利ですよ。

これは、Windows, iMac 以外にも、スマートフォンのフリック入力を使わずとも、日本語106キーボードの拡張をインストールすると、慣れればフリック入力よりも速く入力ができますよ。
なので申し上げるんです。「パソコンを制すれば、スマートフォンも制する」と、言いたいんです。
確かに、高校普通科卒で大学でプログラミングしていた、または、高校工業科・高校商業科卒ではない人たち。つまり、プログラミング・ワープロ経験が全くない、一般の普通科世代には、半角英数字でタイピングをしている人って、むしろ社会的に少数だとは思っています。フリック入力が楽だと仰います。
ではでは(・∀・)ノ
パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)