相続って本当に難しい(NetwingsJ)

まだ決まった話ではないのですが、少しややこしい話です。これだけでも疲れ切ります。

母はもう老人ホームに入所した時点で認知症だったので、相続の書類を作成していない。

一方で、僕はカードローンで借金して、破産して、免責をしている(法テラス阪神、神戸家庭裁判所尼崎支部)ので、その際に、家庭裁判所と成年後見人のうちの補助人さんと約束をしています。

1)今後補助人の許可なしで借金が出来ないようにする

2)生命保険などの契約には補助人の許可なしでは出来なくする

3)母からの負の相続は行わないようにする

の、3点です。この3番目が一番難しいのです。なぜか。ほかに相続人がいるらしいのです。渡辺さんだったかうろ覚えなんですが、京都出身で海外に住んでいらっしゃると。つまり、前の旦那さんの子供がいるのです。こちらも相続人っちゃー相続人です。かと言って、持っていかれると、僕に資力がないので(一応生活保護なので)余った分はお返ししないといけません。尼崎市に。

このままではもめますね。補助人さんによれば、相続放棄が必要かも知れませんとのことです。じゃあ、だれがお葬式をするの? だれが納骨をするの? という話になってくる。

(続報をお待ちください)

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)