Microsoft ライフカム HD-3000 で、Teams と zoom のテスト(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ すごいたれ目で、疲れた顔に映っているのは、目線の上げ下げの所為? 部屋の隅々にまで精細にピントが合うので、部屋が汚く見えるのは気の所為でしょうかね(笑)ところでまあ、届きました。ヤマト運輸さんありがとう。

接続は、Windows 10 ならば、ドライバの自動ダウンロードを予め設定で許可しておけば、自動的に入ります。(セットアップは待てば完了)非常用の乾電池も買っておきました。災害に備えて。

話がそれましたが、Microsoft Teams は、設定の中のどこかで(そんな無責任な)セルフチェックが出来るようになっていて、マイクとカメラは当機から、スピーカーはスピーカーから、という風に、セルフチェックをした結果、問題はありませんでした。

本体外観(正面の図)はこの通りでして、モニタ上部を挟み込むというよりは、カメラの突起を引っかけて、可動部をおもりのように真っ直ぐ後ろに垂らすと、いい安定具合です。これでハイビジョン画質の画像が撮影できるとは、恐ろしい世の中になったものです。カメラ動作中は、本体左側の緑色のLEDが光ってお知らせ。右の穴は、たぶんステレオマイクだと思います。

次いで、zoom のセルフチェックですが、これもまた、アプリ内の設定だったかどこだったか。老人ボケが進んでいるのかな? すぐに忘れちゃう。

ああ、顔も部屋も汚い(苦笑)ビデオプレビューダイアログで、現在の自分の状況を確認することが出来ます。お恥ずかしい限りです。主に顔と部屋が。zoomを使う前には、美容院もしくは散髪屋に事前に行くことをお勧めします。はい。部屋はきれいにね! このように、汚部屋を晒すことになるので要注意です。

……とまあ、パケット供給量が、まだ4GLTE回線なのでこれ以上のことは出来ませんでしたが、プレビュー画面が、Teams と zoom についているので、予行演習はこれぐらいで充分でしょう。

ただ、一つ気になるのは、バッファローのSDカードリーダーと、IRQか何かがバッティングするようでして、写真を「フォト」アプリで取り込む際には、ライフカムのUSB端子を抜いてから、写真の取り込みをしないと、いつまでもUSBデバイスを探し続けることになるので要注意です。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)