つまり、v6プラスは、こういうこっちゃ!(NetwingsJ)

よくわかりました。フレッツ光ネクスト隼が開通しても、JPNEが開通するまでタイムラグがある。その間、おれたちは IPv4 網を、4GLTE(格安SIMのインターネット、携帯の電波)でしのげよ、または、従来のPPPoE接続でしのげよ、と言いたいらしい。そして、原理はこういうことです。

出典:日本ネットワークイネーブラー株式会社著「徹底解説v6プラス」

つまり、IPv4は、IPv6ネットワークのオマケに過ぎないと。あくまでもメインはIPv6ネットワークでして、JPNEさんのお情けとして「しょうがねえなあ、IPv4もつないでやんよ」ということです。

前の僕の解説で「IPv4はIPv6網をカプセル化して通過する」案外間違っていなかったでしょう(笑)

このように、ネットワークの構成的には、実にシンプルです。ただ、将来的に、MAP-E対応ボーダーリレーがキャパシティーを超えたら、今の網終端装置みたいなことが起きるんじゃねえのかな? という心配は若干残ります。

【追記】うちは、バッファローのルーターですので、すでに準備済みです。(下図)

ね!(笑)v6プラスって書いてある、設定画面に。ここをいじるだけで本当にいいのだろうか。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)