NTT東西「ひかり電話ルーター」の外観(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 背面は、いたってシンプルに、光の差込口、WANの口(機器増設用のWANポート)と、ブロードバンドルーター向けのLANの口、そして、ACアダプターの口があるだけです。

そして、部屋の中央の、出来るだけ真ん中の邪魔にならない場所に、これら精密機器を置いてみました。案外、シンプルな構成で拍子抜けしました。

右:NTT東西のひかり電話ルーター、型式:RX-600MIというものです。そのLANポート(どこでも良し)に、ブロードバンドルーターのWANポートから出したLANケーブルを差し込みます。左:ファームウェアアップデートをかけた、ちょっと古めの 11ac ブロードバンドルーターです。ですので、この場合、NTTさんのルーターには無線機能は搭載せず、外付けの無線LANルーターが、直接パソコン、スマートフォンなどと通信しているというものです。こういう構成にしておくと、無線LANの種類(というか規格)が新しくなった場合に、そこだけ買いかえれば良い、ということができるようになります。

なお、光回線の光ファイバーは、被覆に覆われていますが、曲げ角度は最大でも80°らしく、鋭角以上に折ると、まったく通信が出来なくなるので、取り扱い注意です。そして、このひかり電話ルーターは、自動でファームウェアアップデートを行いますので、その点は心配ありません(但し、その時だけは通信の寸断がありますが、自動で再起動→復旧します)

なお、協和エクシオ(工事屋さん)のヤングマンによると「インターネットが繋がらないと駆け付けたら、電源ケーブルが抜けていた」という凡ミスをする人がいるというので、その点も要注意です。(都度設置設定料金がかかります)また、ルーターの中身はあまりいじる必要が無くて、ログインパスワード管理も大変なところから、中身を覗いたとしても、設定できるところは(IPoEの場合)あまりないので、そのままにしてあります。

ではでは(・∀・)ノ あー、疲れました。

パソコンのお医者さん 修行中 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)