この国は、窓口と事務職がとても多い、というお話をしていますが(NetwingsJ)

私事、大変引っ越しで疲労しておりまして、寝床から市役所支所保健所などに電話をかける、ということをしておりまして、大変しんどいのです。精神障害者自身が、精神障害の手続きを全部ひとりでやる、ということも、実はとてもしんどいのです。障害者手帳は書き換えましたけどね、4日の日に。前職でフルパワーで働き過ぎたために、17年経った今でも、統合失調感情障害(精神2級)を患っておりまして、なかなか社会復帰はおろか、電車1駅も無理なほど疲れております。

尼崎市「障害福祉課」は、障害福祉サービス(ヘルパーさんなど)を扱うので、住所が変わっても、そんなに急がなくても大丈夫らしいのです。その窓口で「自立支援医療について分かる窓口はどこか」ということをお聞きしたところ「地域保健課である」と言われ、電話をかけなおしたところ、おじさんが不機嫌そうに「立花の保健所、疾病対策課である」と言われ、電話をかけなおしたところ、郵送の受付にも対応している、ということで、ようやく病医院、訪問看護ステーションの住所変更が出来る、ということになりました。その節はありがとうございました。

でもね、同じ障害にかかわる手続きが、同じところでワンストップサービスで行えない、というところに若干の怒りではなく、戸惑いを感じている次第です。医師から「お前は易疲労性(疲れやすい)である」と診断されている身にとっては、とてもしんどいのです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さんも病気が治らない ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。

ネットウイングス Netwings.JP

ネットウイングスです。 サイト開設18周年。パソコンをはじめとするIT技術を深く、わかりやすく学ぶための総合情報メディア。ITに詳しくない方は必見です。ネットウイングスでは、あなたのお悩みを解決します。(兵庫県尼崎市)